日光連山女峰山

【日程】2019/08/09

【メンバー】L篠田伸一、篠田桂子、佐藤孝平、小暮かをる

【ルート】

8/8(木):東部日光駅集合16:30(日中各自行動)→ ペンション泊8/9(金):5:00宿発(タクシー)→5:50志津峠6:00→馬立→唐沢小屋→11:00女峰山山頂11:20→唐沢小屋→馬立→15:30志津峠(タクシー)→JR日光駅前日光ステーションホテル(天然温泉)→19:18東武特急浅草→帰京

【レポート】

今回のは、前日行動の自由行動が嬉しく、以前から気になっていた美術館を訪ねた。昼ゆっくり日光着、コインロッカーに荷物を預け(高いぞー、小で500円)、ブラブラ日光観光。その内、雷雨に見舞われ東照宮組と合流、予定より早く宿着。夕飯は、魚・肉料理、貸切り温泉とペンション泊を楽しんだ。

翌日、曲がりくねった林道(いろは坂?)を1時間程かけ志津峠まで。大真名子~富士見峠~男体山の標識があるだけのちょっと開けた何もない分岐点だった。ここから女峰山へ向け歩く。馬立までは水平移動なので標高上がらず、むしろ沢出会いに惑わされる。馬立までの急下降と荒れた沢(荒沢出合い?)、そこでちょっと道迷い・・・25分のロスタイム!。メンバー皆が分岐路を見落とした。(すごい、反省!)。仕切りなおして山頂ヘ向かう。標高が上がるにつれ勾配が増し喘ぎ喘ぎひたすら登る。山頂直下の広いガレ場のトラバースは緊張!だった。ガスがかかりだし視界が悪くなったので、下山時トラバース道を皆で確認しながら先へ急いだ。

11:03山頂着。山頂では本日初めて登山者と会った。霧降高原ルートを6:00出発したという3人男性P、日帰りピストンなのでと言い、あっと言う間に下山していった。山頂は晴れていれば、目の前に男体山や赤薙山大真名子山など、見えるらしいが、遠方も展望なく上空は雲が迫ってきていた。我々も下山は急勾配や木の根・岩ゴロの登山道を過ぎ、馬立を登り切った林道に出るまで雷雲に捕まらずに済んだ。

予定より早く到着し雨衣を替えたが、1時間以上も濡れ鼠状態で身体が冷え切った。雨衣の上から当たる雨粒が痛いほどの凄さだった。リーダーが2時間の観光タクシーを予約してくれていたので、桂子さん記憶のJR日光駅前ホテル温泉(天然温泉・700円)で汗を流し、帰りはゆっくりの帰京となった。リーダーの采配に感謝、同行の皆様本当にありがとうございました。感想として、志津峠ルートは初めて知ったが、その年によって開通は微妙とか。。唐沢避難小屋からの水場は水豊富だが、降登はかなりの覚悟がいる。女峰山、なかなか渋かった山でした。

記録/小暮かをる

黒稜山岳会

~ 遥かなる山の頂を目指して ~ 縦走、沢、岩、雪稜、山スキー、オールラウンドに活動しています。 当会では、新入会員を随時募集しています。 ご興味のある方は「入会案内」からお気軽にお問合せください。