御正体山

【日程】2019/11/04
【メンバー】篠田(伸)単独
【ルート】
都留市8:15バス-御正体入口8:30-登山道入口10:00-12:05山頂12:30-林道出合14:10-14:55御正体入口15:22バス-都留市15:40

【レポート】
休日とあって都留市から乗車した登山者は10数人はいた。その内御正体入口で降りたのは2人だけ。他の登山者はもっと上の道坂隧道まで行くのだろう。標高は上の道坂隧道がここより400メートルほど高いが山頂までのコースタイムはこちらの方が短い。帰りのバスが一日一便しかないので行程が急でも帰りのバスに間に合うようこの登山口から登ることにした。

急な面白味のない林道をひたすら歩く。登山道入口の標識に着くが背の高い草がおい繁っておりこれが200名山の登山道かと疑う。地図と道路を確認するがここで間違いないようだ。意を決して草むらに入り暫くすると登山道らしい様相になった。急な登山道に落ち葉が積もり滑りやすく慎重に登る。展望のよい峰宮跡から一登りすると山頂に出た。道坂隧道から来た登山者と出会う。

帰りのバスに間に合うようお昼を早々に済ませ下山にかかる。暫くすると登りで頑張って歩き続けたためか脚がつり芍薬甘草湯を飲む。脚がつるのも甘草湯を飲むのも久しぶりだ。急な登山道で脚を踏ん張るとまたつる。休憩してストレッチしたりするがなかなか回復しない。銀座の野口先生が講演で芍薬甘草湯の連続服用はよくないと話しておられたので飲まずに我慢していたがバスに間に合うようやむを得ずもう一服飲むとやっと治まった。登山道では滑落しないように丁寧に歩いたが林道に出るとダッシュした。お陰でバス時刻に十分間に合った。林道から登山道に入る入口を確認するのに要した時間や昼食の時間を入れてコースタイム近くの時間で歩けたのは嬉しい。

記録/ 篠田(伸)

黒稜山岳会

~ 遥かなる山の頂を目指して ~ 縦走、沢、岩、雪稜、山スキー、オールラウンドに活動しています。 当会では、新入会員を随時募集しています。 ご興味のある方は「入会案内」からお気軽にお問合せください。